特注看板.com

カラーコーンや工事看板など保安用品の販売は【特注看板.com】


看板の関連情報

看板(かんばん)とは、宣伝、広告等のために使われる、木、プラスチック、金属(ステンレスなど)等、ある程度耐久性のあるものを材質とした、通常は板状の物体。近年では低コスト・高耐久性のあるアルミ複合板が広く使用されている。 主に屋外に使用されるものを指すことが多いが、広義では室名札やディスプレイ用のパネルなど屋内で使用されるものも看板と見なす。英語では sign(サイン)と言い表され、「標識」「目印」といった意味合いを持つことから、宣伝、広告の意味以外にも、見るものに対し、何らかの情報を伝えるための表示物と捉える場合もある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

特注看板.comは建築・道路の工事看板やカラーコーンなどの保安用品販売サイト。カラーコーンは1本驚きの激安価格!メーカーから直仕入れだからできる価格設定!オリジナル看板、横断幕、懸垂幕の制作も対応可能。工事現場の困った!は当店にご相談ください。

工事看板は頑丈な設計になっているので、よほどのことがなければ壊れません。ひとたび購入すれば長く使えるので、低コストの工事用品として重宝するでしょう。工事看板は複数枚を設置するのが好ましく、それによりザイアンス効果を期待できます。例えば何らかの商品を宣伝するテレビCMを見たとき、初回はまったく興味を抱かなくても、何度か見るうちに少しずつ興味が湧いてくるのです。工事看板の場合も同様で、複数枚の設置によってしっかりと見てもらえるようになります。設置場所は安全かつ目立つところで、できれば風で倒れても安全な場所がいいでしょう。注意したいのは自動車が通過している状態で倒れてしまうケースです。特に重石をしている看板は、倒れるときの衝撃が大きくなります。自動車に当たればボディや窓ガラスの破損につながるので、倒れても自動車に接触しない場所を選びましょう。工事看板は見やすいものが好ましく、これは天候によって視認性が低下するからです。特に雨天のときは周りが暗くなるので、視認性が大きく低下してしまいます。雨が降るとワイパーを使用する状況になることが多く、それも視認性に影響してきます。工事看板はどのような天候でも見やすいタイプがおすすめで、季節や天候、時間帯を問わずに使用できるので便利です。夜間に設置する場合においては、看板を照らすための照明を用意しておきましょう。照明はドライバーや歩行者から見て、まぶしくないように調整してください。光は人に向けるのではなく、看板や障害物に向けるのが基本です。適切に工事看板を設置すれば、現場での接触トラブルを回避できます。最も注意したいのはクルマと人の接触であり、人が大けがをしてしまう可能性が高いです。もちろんクルマ同士の衝突にも注意が必要で、特に片側交互通行をしている状況ではリスクが高くなります。徐行の看板はさまざまな場所で使えるので、危険な箇所に設置しておきましょう。工事区間に段差がある場合は、段差ありを示すための看板を設置してください。
[関連情報:工事看板