司法書士木村事務所

司法書士木村事務所|広島市中区で相続・遺言書・信託のご相談なら


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

もしも、借金やクレジットの返済で困ってしまったら、広島の法律事務所や司法書士のもとを訪ねましょう。整理をする必要がありますが、まずは、自分の借金の状態を把握しましょう。そして司法書士あるいは弁護士に相談します。ただし、示談交渉をしてくれるワケではありません。自己破産などの手続きを頼みたいならば、別途依頼をすることになります。司法書士会でも借金整理の相談に応じてくれており、社会的、経済的な立ち直りを支援してくれます。知人や友人に士業者がいない場合、広島にもある法律相談センターなどを利用しますが、訴訟をせずに示談にしたりするのも一法です。また、その過程において、内容証明郵便による催告をしたり、支払猶予や減額をしたりする場合などで示談した内容を公正証書にする場合には、こうした知識についても相談が必要です。債権回収など、法律問題に関与して報酬を得る取立屋の存在は違反となりますから、依頼は法律事務所を設けている士業者にしましょう。また、広島の法律事務所に多く寄せられる相談が、売買など契約の問題です。いわゆるクーリングオフができる、できない問題です。争いになれば、証拠として契約書がモノをいいますが、複雑なことが多く、意外な条項が入っていたり、欠陥もありますから、書類作成のスペシャリストの出番です。悪質商法だと思ったら、すぐにクーリングオフをすることです。クーリングオフは申し込みの撤回、契約解除にあたります。代金の全額返済を求めることができます。クレジット契約、宅地建物取引、さらには海外商品先物取引にも適用されますが、一定の期間で行う必要がありますから、危ないと思ったらクーリングオフの書類作成を依頼したり、被害にあえば相談したり、法的手段をとってもらうこともできます。悪質業者の場合、クーリングオフに応じないこともありますから、素人では太刀打ちできません。だから士業者が名乗りをあげ、電話をすれば解決するケースは少なくないようですから、法律家をうまく利用しましょう。