通訳案内士試験道場

通訳案内士試験道場(中国語・韓国語地理・歴史・一般常識)


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

通訳案内士試験道場は、通訳案内士試験に合格することを目標に、日本について広く深い知識をもち、さらに中国語・韓国語で日本を紹介できる人材を育成するために創られました。

五輪や大阪万博などのイベントだけではなく、長年日本では海外からの観光客が多く訪れていました。彼らをサポートするための役割を持つとして知られている通訳案内士という資格があります。実際にどんな資格で、合格するために必要なポイントは難なのかを把握しておくことが望ましいでしょう。そもそも通訳案内士とは、英語で観光案内や通訳業務を行う資格を持った人のことを指します。海外から訪れた人が言葉の壁によって不自由を感じないように、通訳案内をしてもらうための人です。海外から訪れて言葉の壁を感じて帰国してしまわないようにツアーガイドとして活動するための資格ですが、全国と地域限定といった2種類に分かれています。なお、全国通訳案内士試験は1次試験と2次試験に分かれており、毎年8月に1次試験、12月に2次試験が開催され、最終合格発表は2月です。年齢・性別・国政を問わず受験が可能となっているのが特徴で、語学に自信のある人であれば誰でも受験可能ですが、合格率は10パーセント未満と厳しいものとなっています。2018年よりも前は13パーセントから20パーセントの間を推移していましたが、法律改正によって合格率が下がり、難関資格となりました。難関である理由として、全国通訳案内士試験は毎年出題範囲や傾向、更に合格基準点が大幅に異なるからだといわれています。ガイドラインを毎年確認し、合格の一時免除といった条件を確認して受験することが、合格の秘訣です。毎年受験範囲として知られているのが、外国語ですが、それ以外として日本の地理や歴史、一般常識や通訳案内に関する実務に関する問題などが存在しています。出題する科目やその年によって合格基準点は異なりますが、平均的にどの科目も7割以上できていれば合格基準点に達する可能性が高いです。2次試験では全国通訳案内士試験らしく日本に関するプレゼンや外国語を約す口述試験となっています。10分程度であるため、語学に自信がある人であれば、また日本の魅力を伝えたいという人であれば合格しやすいでしょう。
[関連情報:通訳案内士試験